M&L コンサルティングの四柱推命通信講座  よその講座と何が違う?

この記事は約7分で読めます。

世の中には四柱推命の講座は数多く、存在します。教室で習う型式の講座もありますし、当講座のようにオンライン(主にEメール)で行う型式の講座もあります。当講座がスタートして、すでに16年目になりますので、四柱推命講座の中でも、「老舗(しにせ)」の部類と言えるでしょう。

オンラインでプロになるまでしっかり教える四柱推命講座はM&L コンサルティングが元祖(がんそ)?

「四柱推命を完全オンラインで(教室、通学制の形態が一切存在せず)、がっつりとプロになるまで教える」ことを本気でやり出した事業者は、おそらく弊社が「元祖」ではないか?と自負しています。

完全オンラインで(通学制、教室での講座を持たず)、プロになるまでしっかり教える四柱推命講座の日本第一号が本当に弊社なのか?どうかは調べる由もないので何とも言えません。その点はご了承ください。たぶん、第一号ではないか?と講座を始めた私が勝手に思い込んでいるという感じです(笑)。

 

M&L コンサルティングの四柱推命通信講座は、よその四柱推命講座と何が違う?教える四柱推命の中身が違う。

当講座で教える四柱推命が、「中国式の四柱推命」という点で、他の四柱推命講座との決定的な違いの1つとなってます。わかりやすく説明しますと、一般書店に置いてある四柱推命の本の8割から9割は日本式の四柱推命です。中国式四柱推命の本を新書で置いてる一般書店など、めったにありません。

 

また、「日本に存在する四柱推命講座で教えられている四柱推命のほとんどが日本で独自に発展した四柱推命(泰山流など)」です。中国式の四柱推命を教える講座自体が日本に少ないですし(中国式四柱推命の通学制講座が少ない)、その中国式四柱推命を、通信講座で(しかも完全オンラインで)教える講座など他にはありません(おそらくです)。

日本式の四柱推命と一言で言っても、日本の四柱推命にも色々な流派があります。また、それらの流派に属さずに、ご自身で研究したオリジナルの四柱推命を教える方も沢山いると思います。

 

M&L コンサルティングの四柱推命通信講座  よその四柱推命講座との違いは、完全オンラインで中国式四柱推命を教えている点。

当講座のように、「中国式の四柱推命(ベースは透派式)」をがっつりとオンラインで教える事業者はあまり(ほとんど)いません。私が知る限りでは1つだけ、透派(とおるは)の四柱推命を通信講座でやっているらしき事業者を知っています。ただ、その事業者は完全オンラインではないようです(紙ベースのテキスト発送をしているようなので)。弊社ではテキストの発送も一切しませんので、完全オンラインの中国式四柱推命通信講座です。

弊社の、完全オンラインの四柱推命通信講座という形態が、もっとも恩恵を受けたのはコロナ禍の時です。当時、完全オンラインの四柱推命講座が日本にほとんど無かったためです。換気の良くない空間で人と人が接する業種は軒並み、大打撃を受けましたが、それに反比例するかのように、弊社では四柱推命講座の申し込みが倍々に増えました。教室(通学制)での四柱推命講座をやってた事業者は、コロナ禍により売り上げ低迷の大打撃だったと思われます。今現在はその頃の喧騒がウソのようにササ~っと引いています(笑)。

 

講座をやってる人に聞く。「なんで中国式四柱推命を完全オンラインで教えているのか?」

M&L コンサルティング株式会社にて、四柱推命の講座をやってる人(教えている人)は、わたくし、弊社の代表取締役でもある武田です。これまで他のブログなどで語っていることと重複しますが、「私自身が日本の四柱推命を独学で学んでいて路頭に迷った」という経緯があります。

 

日本式の四柱推命は掴みどころが多すぎると言いますか、本当に雑多な考え方がありました(日本式四柱推命の書にて)。どこを主に見ていけばいいのか、どこが1番重要で、どこは重要ではないのか?を分かりやすく教えてくれる書に、「出会うことができなかった」です。また、私は地方に住んでいましたので(宮崎県の延岡市)、四柱推命を教えてくれる教室も身近にありませんでした。

 

「四柱推命を学びたいけど教えてくれる人がいない。当時、四柱推命の通信講座もあったけど、その講座の中身がよく分からず、また受講料が高額で払えない。自分で本を買って勉強するしかない」という状態でした。

 

一時は、「四柱推命の習得を諦めようか」とも考えました。そんな中、ある一冊の書を読んだことで四柱推命に開眼しました(中国式四柱推命の書でした)。日本式の四柱推命とは全く違う理に適った考え方や、分かりやすいシンプルな理論に惹かれました。また、その中国式四柱推命の的中率が高いことを、お客様への鑑定で実感しました。私がアマチュアの頃に味わった、「四柱推命を学びたい!でも学ぶ場が無い!受講料が高い!日本の四柱推命はよく分からない!」というような不便な点を全て無くした講座を作ったら繁盛するのでは?と考えて、今にいたります。

 

M&L コンサルティングの四柱推命通信講座  よその四柱推命講座との違いは、朝から晩まで本業の1つとしてやっている点。

よその講座のことは詳しく存じませんので、あくまでも推測での話になります。弊社のように、平日(月曜から金曜)の朝9時から午後6時まで毎日、四柱推命講座を実施しているところが他の講座にあるのでしょうか?中には、本業は四柱推命講座以外のことをやっている方もいるでしょう。本業の給料で満足できない方が、あくまでも、「副業」的に四柱推命講座を実施しているところは数多いのではと思われます。ココナラとか色々と、自身のスキルを出品できるところがありますね。

 

弊社の四柱推命通信講座は、正真正銘、本業の1つとして私(武田)が朝から晩まで、皆さんと直接、メールや電話でやり取りしながら四柱推命を教えています。四柱推命を教えるのは私の教え子ではなく、直接、私(武田)が皆さんに四柱推命を教えます。その点はご安心ください。

弊社の通信講座に受講申し込みをしたら、いつの間にか、私の教え子のところで学ぶように振られていたなどはありません(笑)。

私の本業はM&L コンサルティング株式会社での四柱推命相談です。そして四柱推命相談と平行して、平日の朝9時から夕方6時まで四柱推命通信講座を実施しています。この2つが本業です。この仕事ともう1つ、弊社が開発した四柱推命ソフト(不動心)の販売を行ってます。この3つが私の本業です。本業全てが四柱推命に関わる仕事です。この3つの仕事以外に、よそで収入を得ているなどはありません。私は根っからの四柱推命仕事人ということです。

 

本業が四柱推命講座の人と、副業が四柱推命講座の人、皆さんなら、どちらの方から四柱推命を教わりたいと感じますか?何?その人の性格とかで決める?副業の四柱推命講座でもいい?あっそう。

 

M&L コンサルティングの四柱推命通信講座  よその四柱推命講座との違いは受講料が良心的(月8500円)で、一括払いを強要しない点。

これまでの講座受講者の皆さんが口々に言われるのは「受講料が良心的」という言葉です。私としては、「そこまで安くしているつもりはなく適正な価格(月8500円)」だと思ってます。

 

そして、弊社がどうしても導入したかった受講料金についての決まりは、「1年分や半年分の一括払い(一度振り込んだら絶対に返しません)をお客様に強要しないということ」です。私から言わせれば、世の四柱推命講座を開いている事業者は何でそこまで、「受講料の一括払い」を前時代的に押し付けるのだろうか?と疑問を持ちました。そしていかなる理由があろうとも、一度、入金されたお金は、返金に対応しないという、その傲慢な経営姿勢に呆れます。

 

弊社では、「前月末までに、翌月分の受講料をお振込みいただく(月8500円)」という月謝制にしています。この月謝制ですが、とうぜんのことながら、「受講をしない月は支払わなくていい」です。何月は受講する、何月は受講しないは全て自由に受講者さまに決めていただいてます。

 

弊社では、講座受講料の1年分、半年分の一括払いを強要したことは、これまでの15年で1度もありません。

 

M&L コンサルティングの四柱推命通信講座  よその四柱推命講座との違いは、免許代ウン十万とか払わず、プロ活動を自由にできるところ

弊社で四柱推命を学んでプロになった方はたくさんいますが、その方々から1円も免状代とか、プロ活動許可の料金をもらっていません。完全無料で、プロ活動ができます(ただし、一言でいいので事前に教えていただきたいです)。

 

これには考えがあります。私が四柱推命を教えた皆さんが、世に出てのち、四柱推命のプロとして需要があり、多くの方から支持されるサービスが行えるなら、それを私が阻むのは筋違いだと思うのです。この四柱推命業界でも、別の業界でも、あるあるな話かもしれませんが、師匠が、できの良い弟子の活躍を阻んだり邪魔したりするなんて最低ではないでしょうか?

教え子のほうが、大繁盛して超スーパーな四柱推命家になって、世間を賑わすようになったら、それはそれでいいのではと思ってます(笑)。そのくらい、なってくれれば四柱推命を教えた私の株も上がるというものです。
error: