中国式 四柱推命ソフトウェア 不動心のご案内

四柱推命ソフトウェア

四柱推命ソフトウェア 不動心開発のきっかけ

開発を始めたきっかけについて。お客様から相談を受けると、エクセルで年運表(0歳から80歳まで)を作っていたのですが、毎年の五行の点数(大運、年運、命式を合わせた点数)はなんと!自身で計算して(頭の中での暗算で)、マスに記入していました。1年で5つのマスに点数を入れますので(比劫、食傷、財星、官星、印星の点数)、80年だと「80年×5マス」で400マスです・・・。毎回、ご相談を受けるたびに、お1人につき、400回の大運、年運、命式を合わせた上での点数計算をしていたということです・・・・。2018年現在は不動心をパソコンに入れて使用していますが、400回の点数計算は1秒もかからずに不動心が正確にやってくれるので、本当に楽になりました。

400回の点数計算を70歳ぐらいまでやり続ければ、認知症予防にはなりそうですが(笑)、途中で四柱推命が嫌いになりそうだったので・・・、四柱推命ソフトウェアを作ろうと思い立ちました。

 

不動心の機能を少し紹介します(随時、追記します)

・太陽黄経に基づく命式表示。

・太陽黄経に基づく節入り日時の算出(国立天文台のデータとの誤差は最大で2分から3分)。

・太陽黄経に基づく土用、月令の算出。

・自動で五行の強弱表示。

・自動で毎年の五行の点数を0歳から100歳まで算出(大運と年運と命式を合わせた上での点数)。もちろん、干合、支合、冲などは全て考慮した上での算出。

 

四柱推命ソフトウェアを開発してくれる人探し

この不動心ですが、弊社(M&L コンサルティング)は実際にシステム、プログラムを作ったりはしていません。あくまでも私は、「こんな機能が欲しい、こんな画面デザインがいい、こんな色がいい、ここはこうしたい」を事細かく考えただけです。実際のシステム開発、プログラムについては某ソフトウェア開発の方にお願いしてます。不動心を開発してくださった方については、お名前は公表しないつもりですが、仮に「A」さんと定めます。

このAさんを探し出すまでに、色々と宮崎県内のソフトウェア開発会社を調べました。適当な会社は無いかな~と探したところ、運良く見つかりました。最初のご訪問時の様子は四柱推命ブログ記事

「オリジナル四柱推命ソフト開発当初」に書いてます。